モダンコーディング

グリッドレイアウトのセルフコーディングが難しすぎてほぼほぼ答えを見まくる事態になり凹む。
セレクタの見づらさが~とか言い訳が言いたいけど、多分モダンコーディングというからにはこれがデフォだと思うのでセレクタ読み解き能力は必須なのかも。
手元にわかりやすい対応表を書いて置いとくとかが必要かなと思ったりしました。
疑似要素を使ったレイアウトをHTMLに落とし込んでCSSも少なくするという、再構築の感じも全く見当が付かず…。
講座見て指示に従って書くのとはぜんぜん違うと痛感しました。

コメント欄の実装

以下のページを参考に、どういう関数やプロパティを参照して何を表示しているのか逐一調べつつ写経していました。
WordPressのコメントリストとコメントフォームを実装してカスタマイズする

wp_list_comments() という関数を single.php で読み込めば簡易的なコメント欄は表示されるので、それにCSSでスタイリングを施せば話は終わるんですが、
コメント欄のカスタマイズとか、好きな文字を設定できるに越したことはないなと、せっかくだからフルカスタマイズの方向で、と欲張ってたらどえらい情報量が押し寄せる結果になり、撃沈。
それでもなんとかHTMLの外形を整えたので、取り敢えず実装に向けて何もいじらずCSSでちゃっちゃとスタイリングしてあとから詳細は詰めようと思いました。

コメント欄作成中

がんばります。

Comment Form

* がついている項目は必須項目となります。